So-net無料ブログ作成

体の内側からスタイルケア!【肥後すっぽんもろみ】 [紹介]

「肥後すっぽんもろみ」は、熊本県産「肥後すっぽん」だけを使用し、
すっぽんのエキスを1滴も無駄にしないまるごと粉砕化製法を使用。
その結果、黒酢の312倍という他のサプリメントよりも非常に高い
栄養価を実現しています。

さらには、良質なすっぽんコラーゲンもたっぷり。
スタイルケアをしたい方、毎日のハリが欲しい方、体の内側からの
元気を実感したい方におススメです。
黒酢312倍のアミノ酸【肥後すっぽんもろみ】



まゆゆ なかなか浸透しない「心のプラカード」に自虐コメント [エンタメ]

AKB48の高橋みなみ(23)、渡辺麻友(20)、横山由依(21)ら10人のメンバーが4日、東京・日比谷公園で行われた、国際協力イベント「グローバルフェスタJAPAN2014」に登場。アフリカのマサイ族と異色の共演を果たした。
%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%82%a4%e6%97%8f%e3%81%a8%e8%b8%8a%e3%82%8b%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%ba%bb%e5%8f%8b.jpeg
 国際協力活動を行う政府機関やNGO、企業などが集結する国内最大級の国際協力イベントのオープニングセレモニーに、AKBが出演した。

 横山は「私たちメンバーももうちょっと話し合って、海外でできることを考えていきたいと思います」と殊勝にコメントしたが、マサイ族の戦士たちが登場すると雰囲気は一変。一緒に日本でもおなじみのジャンプをするなど、大盛り上がりとなった。

 さらにその後に行われたライブにもマサイ族は登場。「恋するフォーチュンクッキー」を一緒に踊った。曲前にはマサイ族も同曲の振り付けを覚えてきたというアナウンスがあったが、フタを開けてみれば体を揺らしたり時おりジャンプをするだけ。

 とても覚えてきたとは言えない状況に、高橋も「マサイの方、全力でザックリ覚えてきてくれましたね…」と漏らした。ただ普段ならば考えられないAKBとマサイ族のコラボに、両者とも楽しそうだった。

 ちなみに「恋チュン」は、昨年の総選挙1位のHKT48・指原莉乃(21)がセンターを務めた曲だ。歌う前に、今年の総選挙で1位に輝き「心のプラカード」でセンターとなった渡辺が、「『心のプラカード』より踊れる方がいっぱいいるあの曲(『恋チュン』)ですね。(『心の――』は)なかなか浸透しない」と自虐コメント。高橋は「諦めたらそこで試合終了だよ」と励ました。

真木よう子の寝起き顔が「イケメン」と話題 [エンタメ]

女優の真木よう子が1日、自身のInstagramで寝起きの写真を公開し、「イケメン」だと話題を呼んでいる。
N0066860.jpeg
 この日の未明、真木は「起きちまった だーれか遊んでくれーい」と写真を投稿。ベリーショートの髪型も相まってか、ファンからは「寝起きも素敵」「スッピン可愛すぎです」と美しさを称賛するコメントのほか、「真木さんイケメン」「どこぞのイケメンかと思いました!」といった声が多数寄せられている。

 今年3月に第37回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞をW受賞した際にも、多くの女優陣が華やかなドレスで登場する中、一人マニッシュなジャケットスタイルで現れ、異彩を放っていた真木。そんな“イケメン”なところも、女優として数多くの作品で活躍する彼女の魅力かもしれない。

少女時代 ジェシカ、脱退説に「信じていた人たちに傷つけられた」 [エンタメ]

少女時代のジェシカがグループ脱退説についてコメントを残した。
url-1.jpeg
ジェシカは30日午前、自身のWeibo(中国版Twitter) に「所属事務所であるSMエンターテインメントと少女時代の8人のメンバーから今日付で、私はこれ以上少女時代のメンバーではないという通告を受けました」と明かした。

続いて、ジェシカはコメント欄を通じて「あなたたちは私の愛する特別な人たちです。だから、真実を知る必要があります。私は深い悲しみを感じ、信じていた人たちに傷つけられました。あなたたちはこのようなことで傷つかないで欲しいです」と付け加えた。

同日午前、少女時代のメンバーは、ファンミーティング「Girls' Generation 1st Fan Party」に出席するため、仁川(インチョン)国際空港から中国の深センに出国したが、出発ロビーにジェシカの姿はなく、残りのメンバーは暗い表情だった。

この件について、SMエンターテインメントの公式発表はなく、沈黙を貫いている。多くのファンやネットユーザはさまざまな推測を展開しており、一部はジェシカのWeiboがハッキングされたのではないかという説を主張している。一方では、ジェシカと事業家のタイラー・クォン氏(韓国名:クォン・ニョンイル)の結婚説や、サングラス事業を立ち上げ説などにより、SMエンターテインメントと衝突があったのではないかという声が上がっている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。