So-net無料ブログ作成
検索選択

オランダ、メキシコ破り8強入り 終盤に大逆転 [スポーツ]

サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会は29日(日本時間30日未明)、決勝トーナメント1回戦のオランダ(グループリーグB組1位)-メキシコ(同A組2位)戦が、フォルタレザで行われ、48分にメキシコが先制したが、試合終盤にオランダが立て続けに2得点し、2-1で逆転勝ちした。


 オランダは、準優勝した2010年南アフリカ大会に続く、準々決勝進出。

 オランダは、グループリーグ最終戦から先発2人を入れ替えた。最終戦を出場停止で欠場したキャプテンのFWファンペルシーが先発に復帰。また、右サイドを担当したDFヤンマートに代えて、DFフェルハーフが入った。メキシコは1人だけ入れ替え、出場停止のMFバスケスに代わり、DFサルシドが入った。

 オランダのベテランFWカイトが左ウイングバックで先発出場し、代表戦出場100試合目に到達した。

 オランダは9分、アクシデントが起きたか、最初の選手交代。MFデヨングを下げて、DFマルティンス・インディを入れた。マルティンス・インディが3バックの左に入り、MFブリントが中盤にポジションを上げた。

 メキシコは17分、オランダ陣内でパスをつなぎ、ペナルティエリア内でエレラがシュート。わずかにゴール左に外れる。24分には、サルシドが意表を突いてゴール左を狙うミドルシュート。相手GKがはじいた。

 オランダは27分、後方からのパスをペナルティエリア内で受けたファンペルシーがゴール右から狙うが、枠をとらえられなかった。

 フォルタレザの気温と湿度が高いのを考慮し、30分から3分間、選手が給水をするための時間が与えられた。

 メキシコは42分、素早い攻撃で相手ゴール前に迫り、FWドスサントスがゴール右からシュート。枠をとらえたが相手GKが足で防いだ。

 給水タイム3分間を加えた4分間のロスタイムを取った。メキシコは前半終了間際、DFのモレノが転倒し、担架で運び出された。

 前半終了。

 後半開始からメキシコは、前半終了間際に担架で運ばれたモレノに代わり、DFレジェスが入った。

 メキシコは48分、相手DFがクリアしたこぼれ球を拾ったドスサントスが、相手DFに囲まれながらミドルシュート。左足で放たれたボールはゴール右に決まってメキシコが先制した。

 メキシコは56分、FWペラルタのミドルシュートが枠をとらえたが、相手GKが身を投げ出して防いだ。

 オランダは56分、フェルハーフを下げて、FWデパイを投入。オランダの前線は左から、デパイ、ファンペルシー、ロッベンの3トップになった。中盤のカイトは左サイドから右サイドにポジションを移した。

 オランダは57分、ロッベンの右CKをDFデフライがゴール前で合わせたが、メキシコのGKオチョアがファインセーブ。

 メキシコは61分、先制点を挙げたドスサントスに代えて、MFアキーノを入れた。

 オランダは、選手交代を足がかりに右サイドからたびたび攻め上がり、メキシコがしのぐ展開が続いた。

 オランダは74分、ロッベンがドリブルで切り込み、メキシコのキャプテン、DFマルケスをかわして右足シュート。オチョアが防いだ。

 メキシコは最後の選手交代。75分にペラルタが下がって、FWエルナンデスが入った。オランダも最後の選手交代を行い、76分にファンペルシーに代えて、FWフンテラールを入れた。ここで再び3分間の給水タイムがとられた。

 オランダは88分、右CKをゴール前のフンテラールが、頭で後方へパス。走り込んだMFスナイダーが右足で豪快に蹴り込んで、1-1の同点に追いついた。

 オランダは後半終了間際、ロッベンがペナルティエリア内で倒れ、PKを獲得。倒したマルケスにはイエローカードが出された。

 PKのキッカーはフンテラール。ブラジル戦で好セーブを連発したGKオチョアが対峙するが、シュートはゴール左下に決まり、オランダが逆転した。

[写真あり]安倍政権への批判を絶叫? 新宿駅南口で焼身自殺図る [ニュース]

29日午後1時20分ごろ、東京新宿西新宿の歩道橋上で、男性がペットボトルに入った燃料のようなものをかぶり、自分で火をつけた。男性は病院に搬送されたが、容体は不明。
1.jpeg
 警視庁新宿署が詳しい状況を調べている。現場はJR新宿駅南口の「新宿ミロード」と「新宿サザンテラス」をつなぐ、「ミロードデッキ」と呼ばれる歩道橋。周辺では買い物客などが通行しており、一時騒然となった。

 東京消防庁によると、「男性が飛び降りようとしている」と119番通報を受け、駆けつけた歩道橋上の消防隊員らが火を消し止め、男性を病院に搬送した。男性は60代と見られ、安倍政権への批判を絶叫しガソリンをかぶり炎上。

ネイマール思わず涙 ブラジルPKチリ突破 [スポーツ]

開催国ブラジル(FIFAランク3位)がチリ(同14位)を1-1からのPK戦の末に下し、辛くも6大会連続ベスト8入りを決めた。快進撃を続けてきたチリは2大会連続でブラジルに準々決勝進出を阻まれた。
neymarcrying005-w500.jpeg
先制したのはブラジル。前半18分、FWネイマールが蹴った左CKをニアでDFチアゴシウバが頭で流し、ゴール右でチリDFハラと競ったDFダビドルイスが押し込んだ。

 しかし前半32分、チリが追いついた。敵陣深くの相手スローインからのボールをFWバルガスが巧みに奪い、素早くパス。ペナルティーエリア右で受けたサンチェスが右足でゴールを決めた。少ないチャンスながらチリの抜け目なさが発揮された。

 後半10分、ブラジルに「幻の勝ち越し点」があった。後方からのロングパスを受けたブラジルFWフッキがゴールを決めたかに見えたが、シュート前のトラップがハンドの判定。ゴールは取り消され、フッキにイエローカードが出された。

 チリも勝負どころのスピードは生きていた。後半19分、右サイドをイスラがビダルとのワンツーで崩してゴール前にラストパス。アランギスが強烈なシュートを放った。しかしGKジュリオセザールのファインセーブに阻まれた。

 後半は両チーム無得点に終わり、決勝トーナメント最初の試合から延長に突入した。ブラジルはネイマールのドリブル突破などチャンスはあったが、決めきれず。チリは終了間際に最後のビッグチャンスがあり、サンチェスから出たボールを途中出場のFWピニジャが強烈なシュートを放ったが、惜しくもクロスバーに当たった。

 PK戦はブラジルGKジュリオセザールが1人目、2人目と止めて流れをつくり、ブラジル5人目のネイマールが決めた後、チリ5人目のハラが右ポストに当てて3-2で勝利。激戦に決着がついた。ネイマールは勝利に泣いていた。

【得点者】

前半18分 ダビドルイス(ブラジル)

前半32分 サンチェス(チリ)

【PK戦】

ブラジル=ダビドルイス○、ビリアン×、マルセロ○、フッキ×、ネイマール○

チリ=ピニジャ×、サンチェス×、アランギス○、ディアス○、ハラ×

巨大ハンバーガー模型盗まれる、情報提供者には「本物あげます」 [ニュース]

[ミルフォード(米コネティカット州) 25日 ロイター] - 米コネティカット州プレインビルのハンバーガー店が、盗まれたハンバーガーの模型を取り戻すための目撃証言を募集している。情報提供者には、チーズバーガー5個を進呈するという。

このハンバーガー店「ビッグ・スティーブズ・グリル」では、店の外に高さ1.8メートルの巨大なグラスファイバー製のダブルチーズバーガーの模型を展示し、来店客の記念撮影スポットとなっていた。ところが、オーナーのスティーブ・アンドリキスさんによると、閉店していた22日の夜に盗まれてしまった。

店の向かい側の住人が現地警察に語ったところによると、22日午後10時半ごろにヘッドライトを消したフォード「F150」の軽トラックが店の前に停車。2人の若い男が、巨大なチーズバーガー模型を持って車で走り去ったという。

模型にかかった費用は約1100ドル(約11万円)で、買い直す経済的余裕はないというアンドリキスさん。「おそらく、子供がふざけて盗んでいったのだろう。私たちはただ、模型を返してもらいたいだけだ。店の立派なシンボルになっているし、子供たちは一緒に写真を撮るのを楽しみにしている」と話した。

ただ、犯人自身が名乗りでた場合、チーズバーガーのプレゼントをする気はないようだ。

ドイツ、米国が決勝Tへ=アルジェリア初の16強 [スポーツ]

【レシフェ(ブラジル)時事】サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会第15日は26日、各地で1次リーグが行われ、G組のドイツは米国を1-0で下し、2勝1分けの勝ち点7で決勝トーナメント進出を決めた。ミュラーが後半に決勝点を挙げた。

 G組のもう1試合は、ポルトガルがガーナに2-1で競り勝った。米国とポルトガルは1勝1分け1敗の勝ち点4で並んだが、得失点差で米国が16強入り。
 H組はアルジェリアが4度目の出場で初の16強入りを果たした。ロシアと1-1で引き分け、1勝1分け1敗の勝ち点4で2位に入った。次回開催国のロシアは1次リーグ敗退。既に決勝トーナメント進出を決めているベルギー韓国を1-0で下し、3連勝で1位通過が決まった。
 この日で1次リーグが終了し、28日から始まる決勝トーナメント進出の16チームが出そろった。

有村架純、初舞台でジャンヌ・ダルクに挑戦「私も舞台上で戦い続ける!」 [エンタメ]

10月7日から公演される舞台『ジャンヌ・ダルク』の制作発表が24日、都内で行われ、主演の有村架純、東山紀之、佐藤藍子、尾上寛之、山口馬木也、矢崎広、青木健、吉田メタル、堀部圭亮、上杉祥三、春海四方、高橋ひとみ、田山涼成、西岡徳馬、白井晃、中島かずきが出席した。
002l.jpeg

舞台『ジャンヌ・ダルク』の制作発表に出席した有村架純
有村架純が初舞台にして初主演を果たす同舞台は、1400年代にフランスを窮地から救ったフランスの国民的ヒロインでもあるジャンヌ・ダルクの半生を描いた物語。有村は主人公のジャンヌ・ダルクに扮し、東山紀之がジャンヌの運命を握るフランス王・シャルル7世を演じる。

この日はキャスト陣と演出の白井晃、そして脚本を担当した中島かずきが登壇。主演の有村は「初舞台で主演をやらせていただくんですが、とっても今から緊張していてすごくプレッシャーを感じています」と本音をのぞかせるも「ジャンヌは17歳にして強い責任感と正義感、信念を持って自分が中心となって戦い続けました。そんな彼女を演じますが、私もジャンヌのように稽古から千秋楽まで一生懸命舞台上で戦い続けたいと思います」と闘志を示した。

有村と東山は、この日の会見で初めて会ったという。有村が「東山さんはとっても紳士的でストイックな方だと勝手なイメージを持っていますが、本当に初舞台で基礎中の基礎から教えていただきたいと思っています。稽古中に色んなことを教わり、皆さんのお芝居を全部盗むぐらい食らいついていきたいです」と東山をはじめ、先輩の役者に敬意の言葉。一方の東山は「今回は怖い先輩ばかり。見た目も怖いし僕もそう感じます」と有村を不安がらせるも「僕ぐらい優しい人がいないと、と思っています(笑)」とサポート役を約束した。

舞台『ジャンヌ・ダルク』は、10月7~24日(14・20日は休演)に東京赤坂ACTシアター、11月15~18日に大阪・オリックス劇場、11月23・24日にKAAT 神奈川芸術劇場で公演される。

きゃりーぱみゅぱみゅ、キス心配ファンに「意外」 [エンタメ]

モデルで歌手きゃりーぱみゅぱみゅ(21)が23日、自身が異性とキスすることを心配する男性ファンが存在していたことが「意外」だったとして、「ちょっと嬉しい、、、」などとTwitterでつぶやいた。
imgres.jpeg
 きゃりーはTwitterで、同日午後10時より放送される「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)にゲスト出演することを告知。「緊張した、、、」と収録の感想をつづった。

 きゃりーが出演するのは歌唱コーナー「S-LIVE」だったが、一部フォロワーは、SMAPメンバーが自慢の料理で対決する人気コーナー「BISTRO SMAP」と勘違い。同コーナーでは勝敗を判定するゲストが勝利チームメンバーの頬へキスを贈ることになっているため、「ビストロSMAPできゃりーさんキスしてないか心配」と案じるコメントが寄せられた。

 きゃりーはかねて自身がアイドルではなくアーティストであると公言しており、AKB48などに代表されるアイドルグループの常である「恋愛禁止」についても無関係だとしている。男性アーティストたちとの交流も自然に報告していることから、自身にはアイドル的な幻想を抱くファンがいないと考えていたようで、キスを心配するファンがいたことに「意外にもこうゆう男性ファンがいることに驚き」と心境を明かし、「ちょっと嬉しい、、、笑」と喜んだ。

“快挙”東方神起、またも新たな歴史を作った!海外アーティスト史上最速で観客200万人動員 [エンタメ]

【ソウル聯合ニュース】人気男性デュオ東方神起が22日、京セラドーム大阪で日本ツアー「東方神起 LIVE TOUR 2014 ~TREE~」の最終公演を行った。今ツアーでは4月22日の横浜公演を皮切りに、10都市で29公演を行い、合計60万人を動員した。所属事務所のSMエンタテインメントが23日、明らかにした。
20140623132207_bodyfile.jpeg
 2012年にデュオとして日本ツアーを行い55万人を集めたほか、昨年は日本5大ドームツアーとアリーナ公演で85万人を動員。今ツアーと合わせて、3年間で海外アーティスト史上最速で200万人を動員した。また、海外アーティストとして初めて3年連続で東京ドームと京セラドーム大阪で単独公演を行った。

 今ツアーではオリコンで1位を席巻したアルバム「TREE」の収録曲をはじめ、「Why?(Keep Your Head Down)」などのヒット曲、ソロステージなど計26曲を披露した。

 8月30日には、東京・味の素スタジアムで開かれる「a-nation stadium fes.powered by inゼリー」に出演する。

彼氏いない歴6年以上のブス女性が1週間イケメン男性とキスし続けたらどーなる? [ニュース]

彼氏いない歴6年以上。
最後にキスをしたのがいつかもわからないという女芸人の南川泉さん。

そんな彼女が、綺麗になるために一週間日替わりでイケメン男性とキスをするという企画に挑戦することに!

初対面の男性とのキスに戸惑いを見せながらも、綺麗になるために企画にOKした南川さん。
その瞬間、部屋にイケメン男性がとびこんできて・・・

彼女は一週間後どのように変わったのでしょうか?
イケメン男性のキスのバリエーションにも注目!

気になる方は動画をご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=u66manDQBPg

フランス5発圧勝 スイス終盤に2点 [スポーツ]

フランス(FIFAランク17位)が2連勝で勝ち点6として、決勝トーナメント進出に大きく近づいた。前半にFWジルーのゴールなどで3点を奪うと、後半にもFWベンゼマらが2点を追加して5-2で圧勝した。スイス(FIFAランク6位)は終盤に2点を返したが、痛い敗戦となった。


フランスの3点目を決めたバルブエナ(左)はアシストのジルーとともに喜ぶ(AP)
 前半6分、スイスのDFフォンベルゲンが競り合った際に顔面を蹴られて負傷。出血がひどく、9分にDFセンデロスと交代を余儀なくされた。スイスは序盤で交代枠を1つ使ってしまった。

 前半17分、フランスは初めて得たCKをMFバルブエナがファーサイドへ。DFに競り勝った192センチのFWジルーが高い打点でヘディングシュート。ゴール右に決まり、先制した。さらに前半18分、フランスはスイスのキックオフのボールを素早くカットすると、中央のFWベンゼマから左に出たボールをMFマチュイディが左足でゴール左すみに決めた。約1分で2点を挙げた。

 前半33分にはフランスはFWベンゼマがスイスDFジュルーに倒されPKを獲得。自ら右足で蹴ったが、GKベナリオに止められ、跳ね返りをMFカバイが押し込むもポストに当たり、さらにMFマチュイディが打ったがGKにはじかれた。

 しかし前半40分、自陣ゴール前からバランの縦パスで一気に前線へボールを運び、左サイドを持ち込んだFWジルーのクロスをMFバルブエナが右足で合わせてゴール。3点目を奪った。

 止まらないフランスは後半22分、途中出場のMFポグバがゴール前に浮かしたパスを、FWベンゼマがワンバウンドした背後からのボールを右足シュート。4点目が決まった。同28分にもフランスはMFマチュイディのパスを受けた中央のFWベンゼマが右にパスを出し、走り込んだMFシソコが右足で決めた。これで今大会最多タイの5点目となった。

 スイスは残り10分を切ってようやく反撃。後半36分、中央からのFKをMFジェマイリが右足で直接狙い、壁の下を通る低いシュートがゴール左すみに決まった。さらに同42分、スイスはMFシャカがゴール前で背後からの浮いたボールを左足でボレーシュートを決め、得失点差の争いでは大事な2点目を決めた。

 終了間際、フランスのFWベンゼマがファインゴールを決めたかにみえたが、その直前に終了のホイッスルが鳴っており、幻の6点目となった。

 25日(日本時間26日)の1次リーグ最終戦でスイス(勝ち点3)はホンジュラス(同0)と、フランス(同6)はエクアドル(同3)と対戦する。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。