So-net無料ブログ作成

道重さゆみモー娘。卒業! [エンタメ]

人気女性アイドルグループ、モーニング娘。14のリーダー、道重さゆみ(24)が29日、故郷・山口県の周南市文化会館で行った公演で、秋に開催予定の単独コンサートツアーの最終日をもってモーニング娘。’14、ならびにハロー!プロジェクトを卒業することをサプライズ発表した。
imgres-2.jpeg

 道重は、オフィシャルホームページでもコメントを発表。「私は、約2年前にリーダーになった時から『モーニング娘。に恩返しがしたい』と言ってきました。そんな中、私の力だけではないですが、シングルで5作連続1位をいただけたり、いろんな活動を通して、少しずつ、少しずつ、恩返しができたかな、と感じています。そこで、つんく♂さんや事務所の方と相談して、今年の秋ツアーのタイミングで卒業という事にさせていただきました」と卒業を決意するに至った経緯を報告した。

 そして、「まだまだ時間はあるし、もっともっと後輩たちに伝えたい事や、みせたいと思っている事もあります。ファンのみなさまとも、たくさんの思い出を作りたいと思っています。そして、ここからが本当の『恩返し』だと思っています。超超超いい感じのモーニング娘。に仕上げてから卒業し、次の世代にバトンタッチしたいと思っています」と残りの期間、最後までリーダーとしてフル回転でメンバーを引っ張っていくことを宣言。「秋までよろしくお願い致します」とファンに呼びかけた。

 プロデューサーのつんく♂(45)も同HPにコメントを寄せ、「彼女はモーニング娘。の歴史の中で『4118日』(2014年4月29日現在)と、このグループに一番長く在籍してきました。そして、リーダーとしてもメンバーとしても過去に無い『シングル曲5作連続初登場1位』という記録にも立ち会いました。6期メンバーは超全盛期もアイドリング期も両方を経験してきた貴重な存在。そこからのV字回復でリーダーになってからも、いろんな意味で活躍してきてくれました」と道重の“功績”をねぎらった。

 また、「実際は2年近く今後どうしていくか話しあってきました。結果、いろんな記録も更新している中、今年が道重にとって一番ベストな卒業タイミングであると思い、この秋の卒業を決定しました」と、長い間話合った上での卒業であることも明かしている。

 そして、「卒業までそんなにたっぷり時間があるわけではありませんが、短いわけでもありません。ここまで作ってきた伝説以上の伝説が残せるようなモーニング娘。に仕上げて、卒業していくこととなるよう、皆様もどうか彼女の卒業までさらなる応援の程、よろしくお願いします!」とファンにさらなる応援をお願いしている。

 道重は第6期メンバーとして2003年「シャボン玉」でCDデビュー。12年に8代目リーダーに就任した。

イモトアヤコ ブログに激励コメント続々 [エンタメ]

日本テレビの定例社長会見が28日、都内で行われ、日本テレビ系のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜、後7・58)の番組企画で、お笑いタレントのイモトアヤコ(28)が挑戦していた世界最高峰(8848メートル)のエベレスト登頂断念を発表したことを受け、イモトのブログにはファンから「堂々と帰って」など激励のコメントが続々と寄せられた。
imgres-1.jpeg

 社長会見は午後2時から行われ、「登頂断念」がまもなく伝わった午後3時ごろからイモトのブログに「また挑戦してください」「気をつけて帰って来て下さい」とコメントが入り始めた。この時点でコメントの数は約900件ほど。イモトがブログを最終更新した8日からの件数だった。その後、午後11時半までに1500件を超えるコメントが入り、イモトがエベレスト登頂を断念したことへの関心の高さをうかがわせた。

 ほかにも「いつもあなたの頑張りにはげまされています」「挑戦する勇気と笑顔をありがとうございます」とイモトから元気をもらっているというコメントも見られ、「まずはゆっくり休んでください」と体調を気遣う声も見られた。

 また、「断念というニュースを見てほっとしました」「断念の決断に拍手」「断念することの方が登山は難しいと言われます」など、決断を後押しする声も多々見られた。

 イモトが最後にブログを更新したのは8日。「いよいよこれからエベレスト挑戦に向け日本を立ちます」と記していた。

しょこたん"ヒーロー"との初ロマンス [エンタメ]

タレントで歌手、中川翔子(28)が特撮ドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で主演を務めた俳優、小澤亮太(26)と交際していることが25日、分かった。互いに猫好きだった縁で知り合い、今年に入って交際に発展したという。幼少期から大好きだった“ヒーロー”との初ロマンス。結婚&出産願望を公言しており、熱愛の行方にも注目が集まりそうだ。
url.jpeg

 「熱愛発覚ゼロという悲しき現状を打破すべく、脱引きこもりでいきたい」-。2012年のデビュー10周年記念ライブで意気込んでいたしょこたんの前に、白馬の王子様ならぬ“赤いヒーロー”が現れた。

 恋人の小澤は、イケメン俳優の登竜門となっている特撮ドラマ「-ゴーカイジャー」(11年)のレッド役を務めた若手俳優で、先日、人気漫画の実写映画「アキラNo.2」(今秋公開)の主演に選ばれたばかりだ。
imgres.jpeg

 複数の関係者の話を総合すると、2人が出会ったのは約2年前。猫好き仲間が集まる会で知り合い、その後は友人として付き合ってきた。

 中川は自宅で猫10匹を飼っている愛猫家で、昨年10月には長崎の保健所から子猫を引き取り里親を募集するなど、猫のために活動。今年に入り、里親捜しの話をしている中で距離が縮まり、交際に発展したようだ。

 幼いころから特撮作品に憧れて芸能界を目指してきた大のヒーロー好きで、理想の男性は「猫好きで傷だらけでマッチョ」という中川。ヒーローを演じた小澤は猫の貯金箱を利用したり、ドラマ「悪夢のドライブ」(12年)で主人公・猫多信男(通称ネコ)を演じるなど猫と縁が深く、恋人にはピッタリ?だ。

 愛する猫が“キューピッド”となって恋が始まったばかりの中川。30歳を目前に控え、出演したイベントの中では「レベル29(29歳)までには結婚したい」「猫好きの男性と出会って、早く子孫をこさえたい」などと女心を語っており、進展が気になるところだ。

 今年は初主演映画「ヌイグルマーZ」で念願のヒーロー役を務め、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」、映画「TOKYO TRIBE」(8月30日公開)など女優・中川翔子としても成長中。頼もしい恋人を得て、仕事に磨きが掛かりそうだ。

さかなクン 地震と深海魚の関係について説明 [ニュース]

タレントで東京海洋大学客員准教授のさかなクンが24日、京都・東映太秦映画村に26日にオープンする体験映像アトラクション「さかなクンのデジタル深海水族館」の発表会見に出席した。
20140424062.jpeg
 最近、日本各地で大量の深海魚が漁師網にかかる異変が起こり“大地震の予兆か”と騒動になっていることに「このデジタル水族館のオープンに合わせて深海魚が集まってくれたんですかね」とまずは笑いをとった。しかし、魚に関する豊富な知識を持つさかなクンは「風、海流の影響もありますが、今年は日本近海の水温が例年より低く、上層と深海の『水温の壁』がなくなり、こうした年は冬から春に深海生物が上層まで浮上してくることがあるんです」と学術的に解説した。

 深海生物が見つかる度に地震を心配する声もある。さかなクンは「今は深海ブームでニュースになりやすいですが、昔からダイオウイカもリュウグウノツカイも結構、浅いところまでやってきてるんです」と地震発生に絡めて過剰に反応しないよう呼びかけていた。

板野友美のすっぴんに絶賛の声多数 写真あり [エンタメ]

元AKB48の板野友美が、あどけないすっぴん姿を披露した。
板野は16日、自身のTwitterで「たくさん寝たから肌の調子いいー だから、すぴん」というコメントと共に1枚のプライベートショットを公開。写真の板野はラフなスウェット姿で髪をオールバックにし、すっぴんを惜しみなく披露。「肌の調子いい」とつづる通り、その素肌は透き通り、頬をふくらませた表情にはあどけなさも漂う。
url.png
多忙を極める板野の貴重なリラックスタイムが垣間見える1枚。ファンからは「実に可愛いです」「美しすぎる…」「癒された」などの声が寄せられている。(モデルプレス)

太田光とよこくめ勝仁氏が“和解” [エンタメ]

お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(48)が17日、TBS系「櫻井有吉アブナイ夜会」で過去にもめた元衆議院議員のよこくめ勝仁氏(32)と和解した。
relay.jpeg
 2人は、2011年8月のTBS系「サンデージャポン」で共演した。番組の中で、青木裕子アナ、田中みな実アナのどちらが好みかと話を振られたよこくめ氏は「私は国会議員で真面目ですので、そういうことは芸人の(杉村)太蔵さんに聞いていただいて…」と質問をかわしたが、この発言に太田が激怒。「お前、芸人バカにしてんのか!」とにらみつけ、「政治家が偉いと思うなよ!」「何様のつもりだ、バカヤロー!」と怒鳴っていた。

 そんな経緯もあった、よこくめ氏が「櫻井有吉アブナイ夜会」に登場した。「自分は現職政治家、太蔵さんは元政治家。でも『現職と元』では言葉として弱い」と、よりわかりやすい表現を使おうとした結果、あのような表現になってしまったと説明した。さらに「大変失礼なことに対してしっかり認めて謝罪の気持ちを伝えたい」とおわびの意思を示した。

 2人は、「サンデージャポン」の楽屋でおよそ4年ぶりに再会した。よこくめ氏の「本気でやられている芸人の方に対して、『政治家の方が上。政治家の方が真面目。芸人は下』だとか…」という謝罪の言葉を、意外にも太田は「本当にその通りだもん。政治家のほうが上」とアッサリ認める。自分が民主党衆議院議員の原口一博氏に「何言ってんだ、政治家ごときが」と声をかけてもめた事件を例に挙げ、「(政治家と芸人は)お互い言ってるんでんですよ。『芸人風情が』とか『政治家ごときが』とか」と語った。それでも謝罪したい、よこくめ氏に合わせて2人でペコペコと頭を下げあい、無事和解した。

ビッグダディの新妻の噂 [エンタメ]

『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)で人気に火がつき、芸能界デビューを果たしたビッグダディこと林下清志氏が、4月11日に一般人女性と結婚したことがわかった。ダディにとっては、5度目の結婚となるが、業界では早くも「あの新妻は、売名目的で結婚したのでは?」という情報が飛び交っているという。
url.jpeg
 14日付のスポニチ、15日発売の週刊誌「FLASH」(光文社)によると、ダディのお相手は10歳下の一般人・三由紀さん(39)。今年1月に、ファンミーティングと称した飲み会で出会い、即結婚を決めたという。
 また、15日の昼には、レギュラー出演する『バイキング』(フジテレビ系)に妻が電話で生出演。ダディの「全部が好き」とベタ惚れであることをアピールしていた。しかし、一方で「交際0日」という“ダディ流の結婚”に、今回も「大きな危険をはらんでいる」という声が関係者の間でささやかれているという。
「最初の妻・佳美、前妻・美奈子は、ダディと離婚後、ともにグラビアを披露し、結婚当時のことをネタにして仕事を得ています。今や“ダディ妻”というのはブランド化されているんです。三由紀さんもまた『ずっと(夫にしたいと)思っていた』と明かすなど、完全に“ダディ妻”のポジションを虎視眈々と狙っていたことが、見え隠れしています」(芸能関係者)
 さらには、「売名結婚」を決定づけるといっても過言ではないような情報も。
「実は昔、三由紀さんが芸能関係に身を置いていたといううわさがあるんです。今回の結婚も、再び芸能活動の仕事をするためなのではないかと。しばらくは、彼女の動向にも注目が集まりそうです」(同)
 2011年、加藤茶が綾菜と結婚した際、その超歳の差ゆえに「売名行為」を疑われたこともあったが、三由紀さんにも何か思惑があるのだろうか? ダディの5度目の結婚も、波乱に満ちた船出となりそうだ。

「ミートソースバーガー」マクドナルド新商品発売 [ニュース]

マクドナルドは4月18日から、「ハッピーセット」の選べるメニューとして、「ミートソースバーガー」を発売する。価格は単品195円、ハッピーセット530円(税込み)で、5月中旬までの期間限定。
2014-04-15-113622.jpeg
「ミートソースバーガー」は、子どもが大好きなミートソースと、100%ビーフパティ、クリーミーでコクのあるホワイトチェダーチーズを合わせたスペシャルなチーズバーガー。

ミートソースは、炒めた牛肉、玉ねぎ、人参をたっぷりのトマトと混ぜてじっくり煮込み、楽しい食感のつぶつぶコーンを加えた、優しい野菜の甘みが特徴のオリジナルのミートソースに仕上げている。

ミートソース好きの人は絶対食べにいった方がいいですね!

自撮りを頻繁にする人は精神病にかかっているかも! [ニュース]

あなたの周りにも、毎日のように自撮り写真をSNSに投稿しているような友だちが1人や2人くらい、いるのではないだろうか。

こういった人たちは、ただ単にリア充な姿を周りに見せつけたくて自分の写真を撮っているように思えるが、その奥底には危険な心理状態が潜んでいる可能性があるという。

自撮り好きは身体醜形障害者?

精神科医のデヴィッド・ヴィール医師が英サンデー・ミラー紙に語ったところによると、身体醜形障害(BDD)と呼ばれる精神病を患っている患者の3人に2人は、1日に何枚も自撮りをし、そういった写真をやたらとSNSに投稿する傾向があるそう。

BDDは、自分の美醜に極度にこだわる症状のことで、この患者はかなり偏ったボディイメージをもっている。それゆえに、自分の醜い部分が写真に写らないよう試行錯誤をし、完璧な自撮りをするために何時間も費やしてしまうのだとか。

過去には、自分の自撮り写真が気に入らずに自殺を試みるといった極端なケースもあったという。

自撮りは自信が欠如している表れ

米ボストンの医療心理学研究所ディレクター、パメラ・ルトレッジ医師がPsychology Todayに寄せた論文によれば、「若者が自撮りに没頭するのは自信のない表れで、助けを求める必死の叫びである可能性もある」とのこと。

周りに自撮り中毒者がいる、もしくは自分がそうかもしれないという人は、単なるナルシストで片付けず、精神病の可能性を疑った方がいいかもしれない。

リプニツカヤ選手激怒 [スポーツ]

朝鮮日報は8日、ソチ五輪フィギュアスケート団体戦で金メダルを獲得したロシア代表のユリア・リプニツカヤが、自国メディアのインタビュー記事に激怒していると伝えた。「今、とても腹が立っている」などと自身のSNSに書き込んでいるという。
imgres-1.jpeg
 朝鮮日報によると、ロシアの週刊誌Sobesednik(ソベセドニク)は5日、リプニツカヤとのインタビュー記事を掲載。記事ではリプニツカヤが「ソチ五輪前は取材など受けたこともなかった。今はそのような新たな刺激や経験から様々なことを学んでいる。有名な歌手でも俳優でもないが、同じような人気を享受している」とよろこびを示し、「彼氏は3年後に作るつもり。それまではフィギュアに打ち込みたい」と今後について述べた。

 さらに記事は、ソチ五輪で金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワについて「(世界選手権に出場した)浅田真央やカロリーナ・コストナーはソトニコワのライバルではない。彼らはスポーツ選手として国家代表の名誉を重視しているが、ソトニコワはアイスショーへの出演を重視した、ただそれだけ」と発言。

 世界選手権が行われた埼玉でもっとも印象的だったことを尋ねられると、「ホテルや競技場など、どこでも私を待っていたファン」だとし、「初めは怖かったが、彼らはむやみにサインを求めたりしなかった。私が好きなタイプのファンだった」と説明したと報じた。

 しかし、同記事が報じられるとリプニツカヤは6日、SNSに「私はソベセドニクのインタビューに応じていない。私は確かに丁重にインタビューを断った」と記事は事実無根だと主張。「腹が立つ」と怒りをあらわにした。

 リプニツカヤの発言を受けて、ロシアのインターネットメディアURAは、記事を執筆した記者を批判。「該当の記事は今も削除されていない」と指摘し、「恥じるべきだ」と厳しく非難した。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。